コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド
キュートなバニーちゃん。
バーゼラルド000
どうも、いいんちょ@です。更新に大分間が開いてしまいました。
本日は以前購入したコトブキヤのフレームアームズ・ガールから
バーゼラルドのレビューをお送りします。

FAGバーゼラルドはイラストレーター島田フミカネ氏が本家フレームアームズの
バーゼラルドを美少女化したキャラクター。

アニメ「フレームアームズ・ガール」では第3話から登場。
無邪気で可愛いトラブルメーカーといった感じのキャラクターでした。

世代的には轟雷らより新しい機体で戦闘力も高いはずですが
劇中では1回轟雷とバトルしたのみで、
その実力を発揮する機会がなかったのが残念でした。





バーゼラルド001
バーゼラルド002

FAGバーゼラルド素体状態。

FAGバーゼラルドはこれまでの所謂「轟雷系」や「マテリア系」とは異なり、
「素体」と「武装状態」の両方を組み替えによって楽しめる最初のFAガールキット。

素体状態はまんまバニーガールが元ですね。
島田フミカネ氏らしいスリムな美少女です。






バーゼラルド003
バーゼラルド004

素体状態でも頭部や首元のアクセサリーに本家FAのバーゼラルドの
ヘッドパーツのモチーフがありますね。グリーンのパーツはクリア素材。

足先はハイヒール型で接地面積が小さいのでスタンド無しでの自立は
少々難しいですが素立ちなら一応可能。







バーゼラルド006

バニーの尻尾は3ミリ穴接続でテールバーニアと交換できます。






バーゼラルド007

スティレットやアーキテクトに付属していたのと同型の簡易スタンドが付属。
素体状態ではテールバーニアに接続して使用します。

しかしあくまで簡易スタンドなので、素体状態はともかく
フル装備状態を空中姿勢で飾ったりするのは厳しいので、
もう少し強度のあるスタンドを自前で用意したい所。






バーゼラルド008

ロングヘアの後ろ髪はヘッドギアに接続されており
上下に角度が変えられます。







バーゼラルド009

可動についてはこれまでのFAガールとほぼ同様の構造。

大きく違う点としては胸と胴体の接続方法で、
轟雷系FAGがポリボール+前後軸可動だったのに対し
バーゼラルドではより単純な鉄アレイ型ダブルボールジョイントになっています。





バーゼラルド010
バーゼラルド011

股関節部分には下方向へのスライド機構があって、太腿の可動範囲を
広げられますが、上方向には写真のように90度ちょっとくらいが限界。

股関節のスライド部分の可動は若干渋いので、ここは少し調製してやったほうが
いいですね。





バーゼラルド012

ウサ耳状の頭部アクセサリーは寝た状態と立った状態を差し替え式で
選択可能。







バーゼラルド014
バーゼラルド016

顔パーツはタンポ印刷された「通常顔正面」「通常顔右向き」
「叫び顔正面」「叫び顔左向き」の4種類が付属。






バーゼラルド017
バーゼラルド017a

またタンポ印刷の無いのっぺらぼうの顔パーツも1個付属しており、
付属の水転写デカールを貼って好みの顔を作ることも出来ます。







バーゼラルド018

手首パーツはこれまでと同様の5種類に加え、後述の
セグメントライフル用持ち手が追加され全6種となっています。






バーゼラルド020
バーゼラルド021

こちらが武装状態時に装着するバックユニット。






バーゼラルド022
バーゼラルド023

バックユニットを装着し、脚は太腿ロール軸から下を交換することによって
武装状態になります。

重心がかなり後ろに寄りますが、一応スタンド無しで自立可能
(ギリギリですが)。






バーゼラルド024

交換した脚部。

ヒザ関節は素体と同じ2軸関節ですが足首は単純な1軸ボールジョイント。






バーゼラルド025

本家FAのバーゼラルドでは尻部分に1基装着されていたスラストアーマーが
FAGでは両肩に1基づつ装備されています。

スラストアーマーには武装である「セグメントライフル」が各2丁装着されています。






バーゼラルド025a

セグメントライフルは取り外して前述の専用持ち手でバーゼラルド本体の
手持ち武装になります。






バーゼラルド025b

スラストアーマー接続部を取り外して別パーツのジョイント(グレーのパーツ)を
取り付けると、本家FAのアームを取り付けることが可能になります。






バーゼラルド026

バックユニットから伸びたサブアーム。
右のサブアームは先端がビームガンになっています。






バーゼラルド027
バーゼラルド028

左のサブアームは鋭利なクローになっていて、クローは開閉可能。







バーゼラルド032
バーゼラルド033

バックユニットには多数の可動ポイントがあり、本体と合わせて
多彩なポージングが可能となります。

本体+バックユニットと言う構成は以前紹介した
「フレズヴェルク=アーテル」とほぼ同じですが、バーゼラルドのほうが
デザイン・構成共に解かり易く、正直言って格段に扱いが楽です。





バーゼラルド034

ではまとめを。

かなり複雑なデザインながら細かいパーツ割りで配色を再現しており
素組みでも充分見栄えのする良いキットです。
まあその分パーツ数が多いので少々組立てはしんどいですが・・・。

ちなみにアニメから入った人は凛々しい表情の顔パーツや
他のFAGと変わらない身長に違和感があるかもしれません。

これはアニメ版では設定が変更された為で、幼いイメージを強調する為に
背が若干小柄になり、性格も無邪気ないたずらっ子なのでファニーな表情が
劇中で多かったせいだと思います。

実は配色もキットとアニメ版では若干異なっている為、アニメ版バーゼを
真面目に再現しようとするとプロポーション変更を含めて
結構な手間がかかったり・・・。

FAGの中でも値段は高い部類に入ります(定価6300円)が、
全体的な出来はかなり良いので、2体目・3体目のFAGとして
挑戦するのもいいかもしれませんね。


以上、コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルドでした。


2018/02/16(Fri) | フレームアームズ・ガール | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

バーゼラルドは発表時「まんまバニー」に抵抗があって購入しませんでした。
なんだかんだでその後「白スク」のアーテルを購入したんで説得力は全く無くなりましたが… f^_^;
折角新素体を開発した割にバリエーションが限定版の赤とアニメカラーしかなく、チョット勿体無い気はしますねぇ。
ゼルフィカール(NE)やカトラス等が出るなら考えても良いかなぁ…とは思います、武装なんかは仰る通り良く出来てますしね。
アニメから入った方には違和感あるかも知れませんが(とは言え、此方の方が「正調フミカネ版」なんですが…)、そう言う方にはキューポッシュ等もありますんで。

FA:Gは今月の「白虎」(事前の発表時よりはデザインが改善されてるとは思いますが、多分購入しません)以降、先週のWFで彩色版が発表された「グライフェン」、イラストで開発が示唆された「マガツキ」と(まさかの)「輝鎚」と続いて行きますね。
本体のデザイナー的には「ドゥルガー」「ファルクス系」や「ジィダオ」「レイダオ」等も期待出来ますが…
同時発表されたM.S.Gのリニューアル版も良さげでしたね、前のは握りが細くてシスター位しか合わないですし、その割に重量があり手首が負けて結局使えない代物だったんで。

私的には仕事が苛烈だった2月を何とか乗り切ったんですが、出張が最低ひと月延びまして…
次のキット購入計画も未定ですし、週末は既購入の分を組み立てる体力も気力も無い状況ですねぇ… (;ω;)
by: びーばる * 2018/02/25 21:19 * URL [ 編集] | page top↑
--びーばる様--

コメントありがとうございます。

>「まんまバニー」に抵抗があって

実は私もです。まあ今回は大分安くなっていたのと
アニメのバーゼが可愛かったので買っちゃったんですが。

>続いて行きますね

私も白虎は今のところスルー予定。めっちゃ安くなったら考えるかもくらい?
グライフェンはまだ彩色版を見ていませんがちょっと期待。
マガツキと輝鎚はどっちも元が重量級なんでFAGで
可愛くセクシーに出来るのかどうか・・その辺も含めて
情報待ちかな。
新MSGも垢抜けたデザインになっていてなかなか良いかも。

>組み立てる体力も気力も無い状況

お仕事お疲れ様です。
早く時間に余裕が出来てFAGを組めるようになると
いいですね。
by: いいんちょ@ * 2018/02/26 01:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/976-c0fce8d4
前のページ ホームに戻る  次のページ