HGオリジン ザク・ハーフキャノン
簡易型ザクキャノン。
ハーフキャノン000

どうも、いいんちょ@です。
本日はガンプラHGオリジンシリーズより「ザク・ハーフキャノン」を紹介します。

ザク・ハーフキャノンはジオン地上軍が通常型のザクⅡ(C5型もしくはJ型)に
ザクキャノンのバックパックを取り付けた現地改造型で、
いわば簡易型のザクキャノンといった機体です。

・・まあ本物のザクキャノン(K型)は原型とどめないくらい全身変わっちゃってるので
生産追いつかなくて数が足りなかったんだろーなぁ。多分。





ハーフキャノン001

パッケージ。地上戦用MSなせいかミリタリーチックなイラスト。







ハーフキャノン002
ハーフキャノン003
ハーフキャノン005

こちらが素組みした状態・・・なんですが、気になった点が1つ。

ランナーの都合で本来黒であるモノアイのレール部分が
ダークブラウン色(胸やヒザと同じ色)になってしまっています。

細かい事なんですが私はどーしても気になってしまったので
結局ここだけは黒で塗装することにしました。





ハーフキャノン006
ハーフキャノン007

でこちらが改めて完成したザク・ハーフキャノン。

モノアイレールを黒で塗装し、ついでにガンダムマーカー流し込みスミいれペン(グレー)で
スミ入れ塗装と、メラミンスポンジで表面をこすってツヤ消し仕上げしてみました。





ハーフキャノン008
ハーフキャノン009

以前紹介したザクⅡC型のバリエーションキットなのでバックパックを除いた
ザク本体はほぼ共通。

ザク本体もC5型とJ型(ぶっちゃけC型と同じ)のどちらかが選べるのも
ベースキットと同様。私はJ型仕様を選択。正直言うとC5型の胸部が
あんま好きじゃないんで・・・。





ハーフキャノン010

ザクキャノンから丸々流用されたという設定のキャノンパック。
この部分は新規造型です。






ハーフキャノン011
ハーフキャノン012

モノアイはアゴ下のレバーで左右に可動できます。







ハーフキャノン013

C型のレビューの際におもいっきり忘れていましたが、キットは元々
シャア専用ザクの流用なので、いわゆる「ツノ付き」の頭頂部も付属しています。







ハーフキャノン014

付属品。

C5型から銃持ち手に代わって右の平手が追加されていますが、銃持ち手自体は
ランナーに含まれています。
ただし手甲パーツが足りないので使いたい場合は手甲パーツの移植が必要です。

右下の四角いパーツはアクションベース2(別売り)とのジョイントパーツ。






ハーフキャノン016

C-5型用パーツ。C-5型ベースの機体にする場合はこちらのパーツを使います。
左腕用のマシンガンパックは装着する指示はありませんが、もちろん好みで
装着することも出来ます。





ハーフキャノン018

マーキングシールが1枚付属。





ハーフキャノン019
ハーフキャノン020

肩部180ミリキャノン。

砲身は上下に可動しますが右肩のシールドに干渉するので
砲身を水平にまで下げるのは無理です。






ハーフキャノン022
ハーフキャノン023

ビッグ・ガンはアーム部分とグリップ部分が可動。自由な角度で構えられます。
グリップを持たせるのに手パーツをバラさないといけないのがちょっとメンドイ。






ハーフキャノン024
ハーフキャノン026

180ミリキャノンはより対空に特化したガトリングガンに換装可能。
右側のビッグガンは外す必要があります。

弾丸ベルトは軟質プラ製。砲身はキャノン同様上下に可動。





ハーフキャノン027
ハーフキャノン028

ヒート・ホークは通常の物と、柄や刃を収納した状態の物が付属。

収納状態の方は腰に装着する事が出来ますが、ビッグガンとどうしても
干渉して邪魔になってしまいます。





ハーフキャノン037

以前紹介した量産型ザクⅡC型との比較。

ちなみにハーフキャノンはC型のバリエキットですが、
ノーマルザクのランドセルが付属しておらず、腹部の動力パイプにも違いがあるため
サンドカラーのノーマルザクとして組むことはできません。





ハーフキャノン029
ハーフキャノン030
ハーフキャノン035

ポーズ集。






ハーフキャノン038

ではまとめを。

C型ザクのバリエーションキットですがキャノンパックとサンド系カラーで
よりミリタリーチックになっていますね。現地改修型という渋い設定も
私は好きです。

キット自体に特に不満があるわけではないですが、前述のモノアイレールの
成型色はやや気になってしまうポイントかな。

・・と言うか個人的な最大の難点は、ヒザから上部分をほぼ新規金型で作った
「ザクキャノン・テストタイプ」がプレミアムバンダイ限定で発売される
こと。

そこまで金型新規で作ったならそっちを一般販売して・・いやぶっちゃけ
ヒザから下も金型作って完全なザクキャノンにして一般発売すりゃいいのに・・
というのは全てのガンプラファンが思ったんじゃないんですかねぇ(´・ω・`)

どっちかと言うとハーフキャノンこそプレバン向きなアイテムだったんじゃないのかな。

以上、HGザク・ハーフキャノンでした。

2017/12/08(Fri) | ガンプラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/971-8d9c36af
前のページ ホームに戻る  次のページ