コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア(Normal Ver.)
FAGマテリア・Normal Ver.のレビューです。
マテリア黒001

どうも、いいんちょ@です。
本日はコトブキヤから発売されているフレームアームズ・ガールシリーズから
フレームアームズ・ガール マテリア(Normal Ver.)を紹介します。

このマテリア・ノーマルバージョンは以前紹介したFAGマテリアWhite Ver.と
同時に発売されたタイプで、ホワイトバージョンとは成型色の違いのみなので
細かい仕様は以前の記事
コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア(White Ver.)前編
コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア(White Ver.)後編
も参考にしてください。





マテリア黒002
マテリア黒003

こちらが完成状態。塗装なしの素組みです。
FAGの「素体」とも言えるマテリアなのでシンプルな構成なのは他と同様。






マテリア黒004
マテリア黒005
マテリア黒006

髪パーツは薄いスカイブルー。ボディは黒とグレーで成型されています。

成型色でもそれなりに元デザインの配色が再現されていますが、
ちょっと足りない部分を部分塗装してやれば見栄えがよくなると思います。

主に黒が足りないですが、幸い黒は塗りやすい色なので、この点は
ホワイトバージョンよりはやりやすいかな。

ただし例のごとくあちこちに溶剤に弱いABSが使われているので、
その辺は注意が必要です。





マテリア黒007
マテリア黒008
マテリア黒009

顔パーツは「ほほえみ顔左向き」「笑い顔正面向き」「笑い顔右向き」の3種類。
前髪パーツを外して交換します。







マテリア黒010
マテリア黒011

腕と太腿側面のグレーのパーツはそれぞれ3ミリ穴ジョイントの付いたタイプと
交換可能。






マテリア黒012

手首パーツはいつもの5種類(PVC製)が付属。







マテリア黒013
マテリア黒014
マテリア黒015

各関節が可動し、自由なポージングが可能。
足を組んで座ったり、立てヒザなんかも余裕で可能なのはマテリア系ならではですね。

余談ですが、マテリアホワイトVer.では腰ボール関節の組みつけに若干難がありましたが
このノーマルVer.では特に問題も無く、組んだあとも腰がポロっと外れるなんてことは
ありませんでした。(金型が調整されたのかは不明)






マテリア黒016
マテリア黒017

マテリア白との比較。

アニメ「フレームアームズ・ガール」では二人とも第3話より登場。
ちょっとサディスティックな小悪魔系キャラで、ノーマル(劇中ではクロ)は
グラインドサークル、ホワイト(シロ)はビーストマスターソードを使用。

双子ならではのコンビネーションで
轟雷&スティレットの即席コンビを翻弄していました。





マテリア黒018

さて、このマテリアノーマルのある意味最大のメリットとも言えるのが
FAGアーキテクトと配色が非常に近いこと。

実際はグレーの色合いが微妙に異なっていますが、ほとんど気にならないレベル。






マテリア黒019
マテリア黒020

てなワケで手足を交換してマテリアを武装状態にしたり、
アーキテクトを素体状態っぽくしたりと組み換えが容易に楽しめます。






マテリア黒021

ではまとめを。

ホワイトVer.とは成型色の違いのみなのでどちらかを選ぶとすれば
単純に好みの問題なのでしょうが、ノーマルVer.は前述のとおり
アーキテクトと色合いがほぼ同じという特徴があるので、ある意味
「アーキテクトの拡張パーツとして使える」ところがメリットと言えますね。

もちろんノーマルとホワイト両方並べても絵になりますが。

ただ最近マテリア系のさらなる改良・発展型である
イノセンティアが発売されてしまっているので、ギミック面では
差をつけられてしまっていますね。

肩周りだけでもイノセンティアと同仕様に改良されんもんかな・・。


以上、コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア(Normal Ver.)でした。


2017/06/10(Sat) | フレームアームズ・ガール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/958-6f1055d0
前のページ ホームに戻る  次のページ