コトブキヤM.S.Gウェポンユニット ハンドガトリングガン・ベルトリンク
FAG武装強化企画その2。
ハンドガトリング001
どうも、いいんちょ@です。

今回は以前やったMSGアサルトライフルに続き、コトブキヤモデリングサポートグッズより
ウェポンユニット「ハンドガトリングガン」と「ベルトリンク」を紹介します。






ハンドガトリング002

まずはこちら「ハンドガトリングガン」。

材質は普通のプラで塗装・接着が可能。
グレー単色のランナー2枚で構成されています。





ハンドガトリング003
ハンドガトリング004

完成品がこちら。
中々迫力のある姿ですね。ガトリング砲の砲身は回転可能。

一応、2個同じガトリングガンを用意して左右で連結してダブルガトリングにも
出来るらしいですが、元々が結構ゴツいので装備する側もかなり大きい
スケールのキットじゃないと似合いそうに無いですね。





ハンドガトリング005

マガジン(弾倉)は脱着可能。
接続は3ミリ軸。






ハンドガトリング006
ハンドガトリング007

本体部は左右対称の作りになっている為、上部グリップとマガジン及び給弾口パーツを
左右組み替えることにより、「右用」「左用」の組み換えが可能。
(上が右用、下が左用)

この辺はかなり気が利いていますね。






ハンドガトリング008

マガジン以外にも前後グリップや砲身は3ミリ軸接続なので
他の3ミリ軸を持つパーツと好感することも可能です。






ハンドガトリング009
ハンドガトリング010

結構ゴツい武器なので陸戦型のFAG轟雷に持たせてみました。

グリップ位置などの微調整は必要ですがさほど無理なく
持たせることが可能です。






ハンドガトリング011

さてお次はハンドガトリングガンと対ともいえる「ベルトリンク」。

プラ製単色成型で塗装・接着画可能なのはガトリングガンと同様。






ハンドガトリング012
ハンドガトリング013

組み立てた状態がこちら。

チェーンガン等の電動機関砲の弾倉をイメージした感じですね。






ハンドガトリング014

弾丸を送るベルト部分は「コの字」型パーツ18個+末端パーツ2個を組み合わせた物。
軽く曲げられる程度の柔軟性があります。






ハンドガトリング015
ハンドガトリング016

で、さっそくガトリングガンと組み合わせてみたんですが・・これが結構大変。

弾丸ベルトの曲がる角度に限界があるせいで、ガトリングガンと繋いだ状態では
持たせられる姿勢や角度が思った以上に限定されてしまいます。

上の写真で言うと、弾倉ドラム部分を斜めにしないとどうしても
ベルトをガトリングガンに上手く接続できない・・みたいな。





ハンドガトリング017

グリップ部分を接続に利用してアームガトリング。






ハンドガトリング018
ハンドガトリング019
ハンドガトリング020

FAGアーキテクトの装着してショルダー・ガトリング風に。
肩アーマーの形状の差異でアーキテクトの方がやりやすいです。


ではまとめを。

ガトリングガンは形状、組立てには問題なく、ある程度の組み換えにも対応していて
良い出来の武装パーツだと思いました。

ベルトリンクの方はガトリングと繋いだ時の見栄えは最高なんですが、
ベルトの柔軟性がやや低いためにいざFAGに装備させようとなると
少々コツがいりますね。


以上、M.S.Gウェポンユニット ハンドガトリングガン・ベルトリンクでした。


2016/10/17(Mon) | フレームアームズ・ガール | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

コレは私も一応持ってますが、ベルトリンクが思う通りに曲がらないのが残念なんですよねー。
ハンドガトリングも含めて、デザインは良いのにチョット勿体無いキットだなぁと思います。 (-.-;)y-~~~
by: びーばる * 2016/11/02 20:57 * URL [ 編集] | page top↑
--びーばる様--

コメントありがとうございます。

>思う通りに曲がらない

そうなんすよねぇ・・そのせいでFAGに持たせると
ガチガチにポーズが固まっちゃうという・・。
オールプラという制約ではちょっと難しかったのかも。
by: いいんちょ@ * 2016/11/03 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/937-50bf9ee3
前のページ ホームに戻る  次のページ