食玩 ウイングキットコレクションvol.15
本日はエフトイズ製ウイングキットコレクションvol.15を紹介します。
P1260001.jpg

どうも、いいんちょ@です。

本日はエフトイズから発売されている食玩「ウイングキットコレクションvol.15」の
レビューをしたいと思います。

エフトイズは多数のミニプラモデルキットをガム付きの食玩として
発売しているメーカーで、飛行機の他にも軍艦や戦車等のシリーズもあります。






P1260003.jpg

ウイングキットコレクションはその名の通り航空機のミニプラモのシリーズ。
今回の第15弾は「二式水上戦闘機」と「零式観測機」という物凄く
渋すぎるラインナップになっています。スケールは1/144。

定価は1個500円と食玩にしては少々お高めですが、
近所のスーパーで半額で売られていたので買ってみました。






P1260005.jpg

カラー違いで二式水戦は4種類、零式観測機は5種類。
シークレットありなので中身は判別できません。

個人的には「ゼロカン」こと零式観測機が大好きな飛行機の1つなので
ぜひともゼロカンを引き当てたい。


・・・では、いざ開封ッ!!






P1260007.jpg

二式水戦(第934海軍航空隊)でしたorz


この記事を読んでる皆さんの「知ってた」っていうツッコミが聞こえるずぇ(血涙)。

ま、まあ二式水戦も別に嫌いな機体じゃないからいいんですけどね。
昔からこういうのの「引き」が良くないんだよなぁ・・・

あるガチャガチャ5回まわしたら2種類しか出なかったりとか。


中身はプラキット本体がブリスターに、左上は解説&組立て説明図、
左下は「食玩」としての本体であるガム。






P1260008.jpg

見ての通りこの段階でパーツは全て塗装済み。

写真に取るのを忘れましたがマーキングの足りない所を補う
水転写式デカールまで付いているという気合の入った構成です。

キットの素材は一般的なプラスチックで、塗装やプラモ用接着剤による
接着も可能です。






P1270009.jpg
P1270012.jpg

組み立てて完成したのがこちら。

「二式水上戦闘機」とは有名な「零戦」にフロートを装着して
水上機に仕立てたタイプ。

当初は本格的な水上戦闘機「強風」が完成するまでの繋ぎとして開発されましたが
強風は正直イマイチな飛行機だったため、結局二式水戦が水上戦闘機の主力として
太平洋戦争で活躍しました。

主翼表裏の日の丸と尾翼のナンバー、胴体右側面のステンシルは
水転写式デカール。

基本的には接着剤不要のスナップフィットモデルなんですが、
コクピット内の計器版と水平尾翼は接続がヤワなので接着した方がいいと思います。

ちょっとハメ合わせの硬い箇所もあるので組立て時の破損には注意。
あとパーツがすべからく小さいので飛ばして失くさないように。





P1270013.jpg

側面。
胴体のイナズマ模様のマーキングが目立ちますね。







P1270014.jpg

二式水戦は軽快さを追及して単フロート式を採用。

余談ですが、他国でも同時期に二式水戦同様陸上機にフロートをつけて
水上戦闘機にする試みが行われていますが、水上での安定性を優先した
双フロート式を選択したため重量過多でことごとく失敗しています。

主翼下についている小さな黒いのは60kg爆弾。
プロペラはフリーになっていて回転できます。





P1270016.jpg

機体全体に細かいモールドが彫り込まれています。

7.7ミリ機銃の銃弾が通るミゾや細いアンテナ支柱もちゃんとあります。
風防の枠まで塗装してあるのが凄いですね。






P1270017.jpg

運搬用ドリーも4パーツの組立て式。

ドリーの前輪はこのキットでも特に小さいパーツなので組立て時には注意。
主車輪は回転できるようになっていますが軸が不安定なので
接着して固定してしまったほうがいいと思います。







P1270019.jpg

100円ライターとの大きさ比較。







P1270020.jpg

ではまとめを。

1/144という極小スケールながら細かいディテールや美しいプロポーションで
二式水戦を再現したキットになっていますね。

主だったパーツは塗装済みなのも凄い。

難点としてはパーツがとにかく小さく組立てが思ったより難しいのと
小スケールゆえ若干構造的に弱い部分があることですね。
これはまあ接着してしまうなどして補強すれば済むことですが。





さて零式観測機を狙って見事にハズレた私ですが・・・





P1270023.jpg

くやしいのでもう1個買ってきた。


いや今日前述のスーパー行ったらまだ1個残ってたんでついw
この記事を書いている現在まだ開封してませんので中身はまだ分からず。

もしゼロカンだったらまた記事作ります。


以上、エフトイズウイングキットコレクションvol.15「二式水上戦闘機」でした。



2016/01/27(Wed) | その他フィギュア・ホビー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--こんにちは--

おぉ!これは二式水戦じゃないですか!
いいですね。
零戦にフロート付けただけ!
なんせ零戦だから水戦のくせに運動性能抜群の機体!
昨日22型も鹿児島上空を飛行しましたし、まさにタイムリーネタでございやすね。

しかも半額シール最高です!笑
by: まさや * 2016/01/28 12:31 * URL [ 編集] | page top↑
--まさや様--

コメントありがとうございます。

>いいですね。

結構水上機好きなんですよ。
二式水戦は水上戦闘機としては第2次世界大戦で
唯一活躍したと言っても過言じゃない機体ですね。
まあさすがに戦闘機を相手にするのは無理があったようですが。

>半額シール

さすがに高額なんで売れ残ったみたいですね。
普通の田舎のスーパーじゃ500円の食玩は
なかなかさばけないのかも。
by: いいんちょ@ * 2016/01/29 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/906-9e517f66
前のページ ホームに戻る  次のページ