アッセンブルボーグ ジャークノイド・ザイン
本日はアッセンブルボーグよりジャークノイド・ザインを紹介します。


どうも、いいんちょ@です。

本日は海洋堂から発売されているアクションフィギュアシリーズ
「アッセンブルボーグ」よりジャークノイド・ザインを紹介します。

アッセンブルボーグは海洋堂のアクションフィギュア「リボルテック」に用いられている
クリック関節ジョイント「リボルバージョイント」(通称リボ球)を使用した
海洋堂オリジナルデザインのキャラクターアクションフィギュアシリーズで、
その斬新なデザインで話題となりました。

今回紹介するザインはN@Kさんより頂いた物です。
N@Kさんありがとうございます。





P5140002.jpg

まずはパッケージ状態。

一般的なブリスターパッケージに収められています。





P5250003.jpg
P5250004.jpg

ジャークノイド・ザイン フロント&リアビュー。

ボディーはやや硬めの軟質樹脂製。クリアーレッドがキレイです。

14箇所の関節部にリボルバージョイントが仕込まれており、
各関節を可動させる事ができます。





P5250006.jpg

ミクロマンとのサイズ比較。
ザインのほうが二回りほど大きいですね。

・・・なんかキャラかぶってる?(笑)





P5250005.jpg

上半身アップ。

画像ではちょっと分かりにくいですが、頭部は透明なドクロに骨の手が張り付いたような
不気味な顔で、いかにも悪役っぽいですね。

胸に装着されたメッキパーツは取り外す事もできます。





P5250009.jpg

頭を取り外すと銀メッキの「中身」があります。

胸パーツが取り外せるのは初代ミクロマンの、頭部にメッキパーツの中身があるのは
変身サイボーグのオマージュでしょうか。





P5250010.jpg

14箇所のリボルバージョイントによるクリック可動と軸可動により
アクションフィギュアとしては充分な可動範囲があります。

リボルバージョイントのカチカチというクリック音が気持ちいですね。






P5250011.jpg

ザイン専用のオプションパーツが3個付属。

各所に3ミリ穴が開いていて、リボジョイントを利用して
ザインに装着する事ができます。





P5250012.jpg
P5250013.jpg
P5250015.jpg

専用パーツにはシルバーでスミ入れが施されています。
ザイン用のパーツはどれも腕に装着するのが似合う感じですね。

ここで注意点を一つ。

これらの専用パーツには3ミリ穴が開いていてリボジョイントと接続しますが
どの穴も少々径が小さくて無理やりはめ込むと破損の原因になりかねません。

穴がキツイ場合は3ミリのドリルなどを用意して
穴の径を若干広げてやりましょう。






P5250016.jpg

こちらはジャークノイド側共通のオプションパーツ。

武器が6種類と連結ジョイント1個、交換用手首とおまけのリボルバージョイント各種。
こちらの武器はスミ入れなどは施されておらず、ちょっとさびしい感じ。





P5250019.jpg

手首は標準の握り手の他に左右3種類づつ付属しています。





P5250020.jpg
P5250021.jpg
P5250023.jpg
P5250024.jpg
P5250025.jpg

それぞれの武器を持たせてみました。
悪役であるジャークノイドらしい禍々しいデザインですね。

一部の武器は持ち手とグリップの径があっておらず、かなりキツキツなので注意。





P5250026.jpg

スタンドの類は付属していませんが、足裏に3ミリ穴があるので
ミクロマン200X用のプレートスタンドが流用可能。





P5250002.jpg

ではまとめを。

斬新でかっこいいデザインと、リボルバージョイントによるクリック可動により
関節がヘタれるのを解消した実に面白いアクションフィギュアですね。

接続軸の共通化によりブロックトイの様な組み換え遊びにも対応しており、
同シリーズを沢山集めてオリジナルの組み換えをするのも楽しそうです。

ただ難点もあって、リボジョイント使用にこだわるあまり
微妙なポーズの調整が非常にやりにくく、スタンド無しで立たせるのも難しい感じです。

私がリボジョイントにあまり慣れてないってのもあるでしょうが、
本来重量や大きさのあるトイ(合金トイ等)に向いている
クリック関節を軽量小サイズのフィギュアに持ち込んだ弊害かもしれません。

でもリボジョイントのカチカチ感は凄く気持ちいいんですけどねw
いじっていると楽しいです。

以上、ジャークノイド・ザインでした。



2012/05/26(Sat) | その他フィギュア・ホビー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
コメント
----

ザインさん、いかがでしたでしょうか?
自分の場合、アッセンは、(ミクロと比較して)その大きさとリボ球のクセから、いまいちな感じがしていただのですが、遊び始めて慣れてくるとツボにハマリました。
その後は、アッセンの素体サイズからミクロ用へと遊びの幅を広げて今に至ります。

軸穴調整には、3.0mmではなく、2.9mmのピンバイスをオススメします。
3.0mmだとちょっとゆるくなるかもしれません。
様子を見ながら穴の調整をしてくださいませ。

武器持ち手ですが、こちらの工作例のようにニッパーやカッターで切断すると持たせ易くなり、付属武器以外も活用出来るようになるので遊びの幅が広がると思います。

参考:ミクロマン東京多摩基地
ttp://tamabase.3.pro.tok2.com/toy81b.html
by: N@K * 2012/05/26 06:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

N@Kさんに誘導して頂きました、ミクロマン東京多摩基地のたおーでございます。
私もミクロ→アッセンという流れで遊んでおります。
アッセンでミクロのメカを再現するというのがとても楽しいですよー。
ぜひチャレンジしてみて下さい。
もしも東京近辺にお住まいなら秋葉原のホビーロビー東京にアッセンのお試し台(試遊コーナー)がありますので、まずそこでいろいろいじってみるのも良いかもしれません。
by: たおー * 2012/05/26 06:58 * URL [ 編集] | page top↑
--N@K様--

コメントありがとうございます。

>リボ球のクセ

ポーズを決めようと関節を動かす時に
独特のクセみたいなものがありますね。
ちょっとこの辺は慣れが必要なようです。

>2.9mmのピンバイス

私の手持ちのピンバイス刃では3.0でもちょっときついくらいで、
さらに軽くこじりをいれないとダメですね。

ドリルの径もメーカーや刃の磨耗などで若干誤差があるのだと思います。

>こちらの工作例

なるほど、これは実用的な工作ですね。
軟質樹脂パーツならではのお手軽な方法だと思います。

あ、それからアッセンのオフ会の記事拝見しました。
ああいう集まりが開催できるとはうらやましい限りです。
皆様の組み換えのアイディア・センスは素晴らしいですね。

そういやマキまで一緒に飾られていてビックリしましたが
なんとも恥ずかしいですね(苦笑)

この度は貴重な品物を提供していただきありがとうございました。
by: いいんちょ@ * 2012/05/26 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
--たおー様--

はじめまして。コメントありがとうございます。
東京多摩基地は過去に何度も見に行ってました。

>アッセンでミクロのメカ

アッセンはSFチックなデザインなので、
ミクロとの相性はいいですね。

沢山パーツがあれば組み替えが楽しそうなんですが
大物はやや高いのと、手軽に入手しにくいのが難点でしょうか。

>アッセンのお試し台

そういうのもあるんですね。残念ながら私は地方在住なので
行く事ができませんが面白そうですね。
by: いいんちょ@ * 2012/05/26 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

ここにもコメントしちゃおかな・・・。
どうもね、ウエストが華奢すぎてなじめない立ち位置はそのままなんですが、
ザインもエグゾもイーグも所持済みなんだから、
やられちゃってる組なんですけどね、結局・・・。
by: にゃん太 * 2012/05/27 02:27 * URL [ 編集] | page top↑
--にゃん太様--

コメントありがとうございます。

>ウエストが華奢すぎて

体型は独特ですね。エヴァっぽいというかなんと言うか。
でもデザインは魅力的で悪くないと思います。
by: いいんちょ@ * 2012/05/27 19:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/666-6d99db9f
前のページ ホームに戻る  次のページ