figma 初音ミク応援ver. レビュー
久々のfigmaレビューです。
ミク004

本日はMAXファクトリー製の可動フィギュアシリーズ「figma」より
「初音ミク応援ver.」を紹介します。

figmaで初音ミクはいくつかのバージョンが発売されていますが、
これは発売元であるグッドスマイルカンパニーが中心になって展開した
東日本大震災の被災者救援企画として販売価格の一部を義援金として寄付するという
企画専用に作られた限定版figmaです。

ちなみにこのミクは以前マリエッタが当選された永亭さんから頂いた物です。
永亭さんありがとうございます。





ミク002

まずはパッケージ。

過去に発売された物の流用ではなく、専用のパッケージが使われています。






ミク006
ミク007

初音ミク応援ver.フロント&リアビュー。

基本的には最初に発売された「figma初音ミク」と全く同じで、
いくつかの追加パーツをセットしたという内容です。
フェイスはデフォルトでは笑顔パーツがセットされています。

初音ミクのスマートなスタイルや特徴的なツインテールも忠実に再現。

figma初音ミクは発売当初から大人気で、何度も再販されるほどですが
それも納得できる出来になってますね。

ツインテールのせいで重量バランスが悪く見えますが
スタンド無しでも自立は一応可能です。






ミク008
ミク009

左腕の「01」ナンバーや袖の電光ディスプレイなど初音ミクの
特徴的なポイントも再現してあります。

ネクタイとスカートは軟質樹脂製。
塗装の精度はまずまずといったところ。






ミク010

続いて可動を見ていきましょう。

長大なツインテールは頭部とfigmaジョイントで接続。
自由に可動できます。






ミク011

前髪パーツとフェイスパーツを外した状態。

首と頭部はfigmaジョイントを90度折り曲げた状態で連結されており
頭部の上下左右可動が可能なんですが、あまり上は向けません。

首をかしげることも構造上は可能に見えますが、実際は
後頭部パーツのクリアランスが狭いせいで、かしげられる角度はわずかです。






ミク012

肩はボールジョイント+軸可動でミクロレディとほぼ同じ構造。

肩関節と上腕の接続軸が腕の横ロール軸も兼ねています。

肘は1軸ですが充分な角度で曲げられます。手首は2軸の軸可動で
ミクロレディと同じ構造ですが、袖が長いため可動範囲は限定されます。

手首の差し込み軸がやや硬いので手首はあまり深く差し込まない方がいいでしょう。






ミク013

上半身パーツとスカートを外した状態。

上半身と下半身はボールジョイントで接続されていますが
ミクのデザイン上の関係で可動はほぼ死んでます。その為
胴をひねったりする事はほとんど不可能。

腹部と股関節パーツもボールジョイント接続。
太ももはボールジョイント+軸可動の横ロール軸がありますが、
このミクでは左太ももの横ロール軸の可動が硬かったです。

右太ももは問題なかったのでこの辺は個体差でしょうか。





ミク014

スカートは軟質パーツで出来ていますが、それでも可動にはやや影響があり
太ももはこのくらいまでしか上に上がりません。

膝はfigma関節の1軸で、このくらいまで曲がります。

足首もfigma関節が使われていますが、例によってつま先パーツへ
軸がナナメに入り込んでいる(ミクロレディ2と同じ)のでロール角度には
クセがあります。






ミク017

外見的には申し分の無い出来のfigma初音ミクですが
気になった点がひとつ。

これはfigamシリーズのクセみたいなもんなんでしょうが、この初音ミクも
首の軸がかなり前方に傾いています。

これは胸をそらして立ついわゆる「S字立ち」を意識した角度なんだと思うんですが、
ユーザーが自由にポーズを付けて楽しむ可動フィギュアにはハッキリ言って
不要な構造です。

ミクはこの首の前傾がきつい為、かなり上体をそらさないと
顔が水平を向くことが出来ません。






ミク018

続いて付属品を見ていきましょう。

スタンド付マイク、figam専用スタンド、表情変更用フェイスパーツ2個、
交換用手首(握り手・持ち手・平手・指差し)、ネギ2本。

そしてこの応援ver.の追加パーツとして「チアフルジャパン」ロゴ入りの旗と
ポンポン2個が付属。

あと写真に撮るのを忘れましたがいつものパーツ収納用チャック付ビニール袋と
ポストカードが1枚付いてきます。





ミク015

背中にスタンドとの接続穴があり、専用スタンドでディスプレイできます。







ミク019
ミク020
ミク021

フェイスパーツは3種類。デフォルトでは一番上の笑顔パーツがセットされています。
笑顔パーツは新規のもの。他2つはノーマルミクに付属していたものと同じです。

相変わらず顔のプリントがキレイでとても可愛いです。






ミク022
ミク024

マイクスタンドはプラ製。マイクは外して手に持たせることが出来ます。







ミク025

初音ミクといえば付き物になっているネギ。
これも手に持たせる事が出来ます。






ミク026

チアフルジャパンのロゴ入りの旗は応援ver.専用の新規パーツ。






ミク027

こちらも新規パーツのポンポン。手首を取り外して接続します。






ミク033
ミク032
ミク028
ミク035
ミク030

ポーズ集。

ツインテールを動かすとバランスが悪くなるので、
動きのあるポーズをとらせる時はスタンドは必須ですね。





ミク005

ではまとめを。

「figma初音ミク」にいくつかの新規パーツを追加したバージョンですが
元々が評価の高かった可動フィギュアですので全体的な出来は良好ですね。

首の前傾がキツイ、デザインのせいで胴や太ももの可動が制限されるなど
少々惜しい点もありますが、充分良く出来た可動フィギュアではないでしょうか。

かなり見栄えのするデザインなのでポーズを付けて鑑賞するのも楽しいですね。


以上、初音ミク応援ver.でした。



2012/03/20(Tue) | その他フィギュア・ホビー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/653-f8516b80
前のページ ホームに戻る  次のページ