MGC製ガバメント(モデルガン・ガスガン)
今回は懐かしいハンドガンの紹介です。
ガバメント 001

どうも、いいんちょ@です。

当ブログともリンクさせていただいているGun0826さんのブログ
時々モデルガンやガスガンの紹介記事がありますが、実は私もその昔
エアーガンやモデルガンが好きで、色々購入したりサバイバルゲームに
参加したりしていました。

その後サバイバルゲームから手を引き、手持ちの銃もほとんど手放してしまいましたが
今でも何丁かは手元に残しておいてあります。

今日はその懐かしい銃をちょっと引っ張り出して記事にしたいと思います。
誰得記事だか分かりませんが(苦笑)





ガバメント 002

まずはこの薄汚れた箱。

これは今は無きモデルガン/エアーガンメーカー「MGC」製のモデルガン、
コルト・ガバメントで、「GM5」と呼ばれるタイプです。





ガバメント 003

箱の中身はこんな風になっています。

銃本体や説明書、メンテ用・火薬セット用工具等がセットされています。
下の黄色い箱は発火用キャップ火薬です。





ガバメント 013
ガバメント 016

こちらが銃本体。自動拳銃としてあまりに有名なコルト社製のガバメント・モデル。
軍用として有名なM1911A1ではなく、民間用のマークⅣシリーズ70です。

日本では「ルパンⅢ世」の銭型警部の愛銃として有名ですね。
私もこのシンプルで無骨なスタイルが昔から大好きです。

このガバメントは銀色塗装が施されたシルバーモデル。
グリップは付属のプラ製の物があまりにちゃちだったので
他メーカーの木製グリップを装着しています。





ガバメント 018

スライド側面の刻印。

変な話ですがシリーズ70のこの刻印がカッコよくて好きなんですよね。
この次のタイプ、マークⅣシリーズ80では愛想もクソも面白みもない
シンプルな刻印に変わってしまいます。





ガバメント 019

マガジンとカートリッジ(弾丸)。

ガバメントは45口径という太短い弾丸を使用し、打撃力が強力なのが特徴ですね。

マガジンは7発まで装填できますが、マガジンスプリングがかなり硬いので
フルロードするのは大変です。





ガバメント 017

ブローバック状態。

モデルガンなので弾は発射できませんが、キャップ火薬を利用した
発射音とブローバックによる排莢が可能です。

1、2度キャップ火薬を使って発火作動させてみた事がありますが、
スライドの摩擦やマガジンスプリングの硬さも相まって
スライドが完全閉鎖せず、連射出来ない事が多かったですね。

かなりあちこち調整しないと発火アクションを楽しむのは難しいかも。






ガバメント 022

さて、お次はこのプラ製ケースですが中を開けると・・・







ガバメント 023

ガバ2丁。(爆)

しかも上で紹介したのと同様、マークⅣシリーズ70モデル。
これはMGC社製のガスガンのガバメントで、6ミリBB弾が発射できます。

当時MGCから発売されていたのはマークⅣシリーズ80型ベースの
カスタムガバばかりで、シリーズ70が好きだった私はガッカリしていたんですが
そんな中突然このシリーズ70のノーマルガバが発売され、狂喜した私は思わず
ブラックとシルバー両方買っちゃったという(バカ)


この記事見てる人が「お前どんだけガバ好きやねん」とモニターに突っ込む姿が
目に浮かぶようです(笑)





ガバメント 025
ガバメント 026

こちらはブラックモデル。
刻印がノーマルのままでは目立たないので銀でスミ入れしています。

サバイバルゲームでよくサイドアームとして持ち込んで愛用していました。

古いタイプのガスガンなのでスライドは可動しませんし、性能も今のエアガンとは
比べ物にならないと思いますが、これでも当時としては比較的高性能なエアガンでした。





ガバメント 028

6ミリBB弾を発射するので、モデルガンと違い内部に6ミリ口径の銃身があります。
銃身は真ちゅう製です。







ガバメント 033
ガバメント 034

こちらはシルバーモデル。

カラー以外はブラックモデルと違いはありません。






ガバメント 030

こちらはマガジン。左はシルバーモデル用、右がブラックモデル用。

これに6ミリBB弾とフロンガスを注入して使用します。






ガバメント 039

先に紹介したモデルガンのGM5とガスガンのガバメントを並べてみました。

同じメーカーだけあってモデルガンとガスガンという、
全く内部構造が違う物であるにもかかわらずプロポーションはほとんど変わりません。

目に付く違いと言えばフロント・リアサイトの色と、ガスガンは擬似シングルアクションの為
トリガーの引きしろが長い事ですかね。

金型の流用もしてるかなと思いきや、微細な点であちこち違いがあり
互いの金型を流用している事は無さそうです。

ガスガンの方が発売が後なので、造型面ではシャープな作りですね。



さて、今回は初めてハンドガンの紹介をしてみましたがいかがだったでしょうか。
とにかくモデルガン・エアーガンといった趣味はお大尽(金持ち)の趣味で、
今の貧乏な私にはとうてい出来ないホビーですね。


以上、MGC製ガバメントでした。






2010/05/31(Mon) | その他フィギュア・ホビー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
--はじめまして--

オリジナルミクロマン講座を拝見させていただいている者です。

ガバメントと聞いて海外ドラマ「ナッシュ・ブリッジス」の主人公ナッシュの愛用銃だと思い、コメントさせていただきました。
銃音痴なのでどのモデル、シリーズ等かは不明ですがガバメント、カッコ良いですね!!

今後もミクロマン講座やレビューを参考に伺いますので、宜しくお願い致します。

突然のコメント失礼しました。
by: Mr.ジングルス * 2010/06/01 03:39 * URL [ 編集] | page top↑
--Mr.ジングルス様--

初めまして。コメントありがとうございます。

>ガバメント、カッコ良いですね

回りのガン好きがワルサーだデザートイーグルだいってる中
私はずっとこのガバメント好きで通してましたね(笑)
ナッシュ・ブリッジスは残念ながら未見ですが、米国で
もっとも普及した自動拳銃ですので、あちこちの映画や
ドラマで見る事ができます。

>参考に伺いますので

こちらこそよろしくお願いします。
このブログの記事が何かの参考にでもなれば幸いです。
by: いいんちょ@ * 2010/06/01 20:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

おー。
こんなところにも接点がw
引っ越す前の二年前ぐらいまではちょくちょくサバゲしてました。。。うちにMGCのハードボーラーがあります。スライド以外はガバなんでマガジンが同じですね♪
ライフルも二丁あるんですが。。。売って処分しないとなぁ。めんどくさくてずっとおきっぱなんですよね。
by: ゼントラン * 2010/06/01 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
--ゼントラン様--

コメントありがとうございます。

>スライド以外はガバなんで

MGCのガバメント系のバリエーションはかなりありますからね。
ハードボーラーはロングスライドがカッコよくて私も好きな銃です。

ライフルなどの「長物」もサバゲやってた頃は何丁か持ってたんですが
サバゲから足を洗った時にみんな手放してしまいました。
by: いいんちょ@ * 2010/06/01 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/499-f40b6c4b
前のページ ホームに戻る  次のページ