新しい塗料剥がし液を試してみました。
今回は新しく導入したマテリアルを紹介します。
その他 131

どうも、最近暑くてやる気の出ないグダグダマスター・いいんちょ@です。

今回はガシャポンフィギュアの塗装落としに使用する新アイテムを
紹介してみたいと思います。







その他 133

皆さんご存知と思いますが、私はオリミク用のヘッドを作る際に
顔部分(瞳や唇など)の塗装はすべて落としてしまいます。

これはヘッドの銀塗装が下地の凹凸に非常に影響されやすい為で、
これまではその用途に上写真の「瞬間接着剤用はがし液」を使用してきました。

これはダイソーで100円で買えるので愛用してきたアイテムで、
先日ストックが切れたために新たに買い足していつものように
ヘッドの塗装落としをやったのですが・・・。







その他 134

それがどうも今ひとつ塗装の落ち具合がよくありません。

上写真は剥がし液を塗る→少し待つ→ふき取るを4回も繰り返したヘッドですが
まだあちこち塗装が残っています。これでは正直使い物になりません。

臭いもこれまでの剥がし液とは違う感じで、どうも中身の成分がいつの間にか
変更されてしまっている
ようです。







その他 135

今回この剥がし液を2本買ったのですが中身はどちらも一緒でしたorz

たかが1本105円とはいえ、まったく使い物にならん物を買わされると
ガッカリしますね・・・。

この剥がし液が使えないとなると、それに変わる新しいマテリアルが
必要になってきます。







その他 136

そこで新たに導入した新兵器がこれ。
アサヒペン製の「強力塗料剥がし液」

ガシャポン改造サイト「ひっそりがしゃぽん村」でも紹介されていたアイテムで、
近所のDIYセンターで購入。値段は497円でした。






その他 137

ではさっそくテストしてみましょう。

使用するのは以前万代で袋詰めで投げ売られていたサイズ的に
オリミクには使えないフィギュアのヘッド。






その他 139

この塗料剥がし液はトロリとした液状で、エナメル系塗料に近い溶剤臭です。
綿棒で少量すくい取ります。







その他 140

フィギュアの塗装を落としたい部分に塗りつけます。







その他 141

すると、ものの10秒くらいで塗料が浮き上がってきました。

溶剤の成分は以前使っていた瞬間接着剤剥がし液よりも強い印象です。







その他 145

ビンのラベルには「水で洗い落とす事が可能」となっていましたが
あまりキレイに落とせないみたいなので、綿棒で剥がし液をふき取った後
模型用薄め液を付けた綿棒で丁寧にぬぐってやりました。







その他 146

これで完了。
きれいに落とす事が出来ました。







その他 151

ついでに冒頭の瞬着剥がし液で中途半端に塗装を落としたヘッドも
この塗装剥がし液で仕上げてみました。

塗装を落とす力には天と地ほどの違いがあります。

ただ注意したいのは落とす力が強い分、ガシャフィグの材質によっては
ヘッドの素材自体も若干侵される可能性がありますね。

その為、塗布した剥がし液をヘッドからぬぐう際に
綿棒であまりグジグジこするとヘッド表面を荒らしてしまう可能性があります。
この辺は注意が必要ですね。


以上、新マテリアルの紹介でした。






2009/06/28(Sun) | オリジナルミクロを作る | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
コメント
----

あー、これは以前から使ってます。
(私もひっそりがしゃぽん村で知りました)

結構強力ですが、刺激臭もなく、そこそこの
使い勝手かと。
ただ、母材に浸透してしまうのは仕方が無いでしょうか。
あと、クリア成型材に使うと曇っちゃうんですよねー。

そんなこんなで、Vカラシと併用で使ってます。
by: Koduck * 2009/06/28 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

自分も以前はそのチューブの奴を使ってました。
ある時期から同じように「落ちないなぁ」と感じていたんですがどこかで成分が変わったと聞いてがっかりしました。

それ以降同じ100均のシール剥がしやらVカラーシンナーやら色々使ってますがどれも落ちなかったり逆に強力過ぎたりで今はガイアカラーのツールウオッシュに落ち着いています。

アサヒペンの奴は模型店が近くになくてもDIYセンターって事で手に入れやすそうですね。
by: かぼふらわぁ * 2009/06/29 02:53 * URL [ 編集] | page top↑
--Koduck様--

コメントありがとうございます。

>使い勝手

使い勝手はまあまあですね。以前の瞬着剥がし液と
ほぼ同様に使えます。

>母材に浸透

ちょっと溶剤成分が強いみたいですね。
今回試した中では伊吹マヤヘッドが若干
影響を受けた感じですが、乱暴に作業しなければ
問題は無いと思います。
by: いいんちょ@ * 2009/06/29 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
--かぼふらわぁ様--

コメントありがとうございます。

>成分が変わった

臭いとか以前と全く違いますね。
全く塗装が落とせない訳じゃないですが、
効率が悪いです。

>100均のシール剥がし、Vカラーシンナー、ツールウォッシュ

その辺のアイテムは試した事が無いので
今度ぜひ比較紹介記事書いてください~。

Vカラシは塗装落としには強力すぎな気もするんですが
どうなんでしょう?
by: いいんちょ@ * 2009/06/29 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

ダイソーの瞬間接着剤剥がし液って、でかいサイズのはアセトン入ってないんですよね。
写真のより小さいサイズのはアセトン入りだったけど、もう無くなってるのかな。
by: LIVE−D * 2009/06/29 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

おわ!これは綺麗に落ちますね!!
私も近所のホームセンターで探してみます。

・・・お久しぶりです(苦笑)
就活中につき、こっちの活動はできませんでしたが、
気分転換も兼ねてにボチボチ始めようと思います。

今後とも宜しくです♪
by: SAT * 2009/06/29 22:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

私も同じ奴を使ってますわ
なんか剥げが悪いと思ったらそう言う事ですか納得w

前回の肩のクラックの補修の件といい、実際ならタカトミがミクロ
のhpでこうやると良いよと言う内容なような気がするのは私だ
(うわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp;@:
by: サクラん * 2009/06/30 15:06 * URL [ 編集] | page top↑
--LIVE−D様--

コメントありがとうございます。

>小さいサイズのはアセトン入り

粘度の高い方ですね。こちらは試した事がありませんが
なにせ似た物だけに中身も変えられている可能性もあります。
by: いいんちょ@ * 2009/06/30 19:24 * URL [ 編集] | page top↑
--SAT様--

コメントありがとうございます。

>ボチボチ始めようと思います

お、いよいよ再開ですか。楽しみに待っています。
再開したらぜひ教えてくださいね。

こちらこそよろしくお願いします。
by: いいんちょ@ * 2009/06/30 19:26 * URL [ 編集] | page top↑
--サクラん様--

コメントありがとうございます。

>剥げが悪いと思ったら

臭いや粘性が以前の物とは全く違いますね。
全く落ちないわけじゃないですが、正直時間と労力の無駄ですね。

>ミクロ のhpで

マテフォ使った改造例とかそういうの全然なかったですよね。
オプションでオリミク用のメッキヘッドセット出すとか
色々「売る方法」はあったはずなんですが。
by: いいんちょ@ * 2009/06/30 19:31 * URL [ 編集] | page top↑
--これは…--

良い感じでいけそうですね!

機会を見つけて試してみたいと思います。

おいらも塗装剥がしでちょっと試したい薬品があるので今度結果報告致します。

サクラんさんのコメントにミクロマンのHPの話がありふと、あまり関係ない事を思い出しました…。

200Xのリーフレットのレディマテフォ紹介の際、足首?ヒールタイプと扁平足タイプの二種付属って話がありましたよね?
by: おっつ * 2009/06/30 20:44 * URL [ 編集] | page top↑
--おっつ様--

コメントありがとうございます。

>良い感じで

中身が変わる前の瞬着剥がし液より
「ちょっと強め」くらいの感じですね。

そのぶん溶剤の成分が強いみたいなので、
ガシャの材質によっては表面を「微妙にふやかす」ことがあるようです。

>二種付属って話

そうなったら良かったんですが、さすがユーザーの希望を
斜め上でかなえる事に定評のあるタカラさんは
そんな気の利いたサービスはしなかったですね。

私もオリミク用にヒールパーツたくさん欲しいんですが、
その為だけにヴィーナやディータわざわざ買うのもねぇorz
by: いいんちょ@ * 2009/07/01 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/411-bab5a468
前のページ ホームに戻る  次のページ