盾持つ獅子: RZ-007シールドライガー(ライオン型)
今回紹介するのは共和国軍大型高速ゾイドRZ-007シールドライガーです。
20060915185446.jpg

DATA
全長/21.6m
全高/9.0m
重量/92.0t
最高速度/250km

武装
対ゾイド30mm2連装ビーム砲
AMD2連装ビーム砲
対ゾイド3連衝撃砲
展開式ミサイルポッドx2
レーザーサーベル
ストライククローx4

定価2000円(税別)

シールドライガーは旧大戦において大型高速ゾイドとして恐れられた
帝国軍ゾイド、サーベルタイガー(現:セイバータイガー)に対抗すべく開発された
大型高速ゾイドです。

高速、高機動、そしてレーザーサーベルをはじめとする強力な格闘戦兵器の搭載と
コンセプトはサーベルタイガーと似通っていますが、空力特性の向上のための
武器の収納や初めて実用化されたEシ-ルドなど後発機ならではの改良も施されています。

実戦配備後はコマンドウルフと共に高速戦闘隊を編成し、サーベルタイガーと
ヘルキャットで編成された帝国高速隊を圧倒。そして新大戦においても
高速戦闘隊の主力ゾイドとして活躍しましたが、ブレードライガーや
ライガーゼロといった後継機の登場により旧式化していきました。

バリエーションとして大型ビームキャノンを搭載したMkⅡタイプや、
動力機関をチューンしたエース用のDCS-J、砂漠戦用のデザートライガー等があります。

宿命のライバルと言えるセイバータイガーとは旧大戦においてはシールドライガーに
分があった様ですが、新大戦ではセイバーはかなりの改良が施されたため
総合戦闘力ではほとんど互角なようです。

火力ではセイバー、防御力ではEシールドがある分シールドライガーが
有利と言えますが、Eシールドはエネルギーを大量に消費するため
あまり連続では使用できない上に、武装を展開すると高機動時のバランスが
悪化するという弱点も持っていました。







20060915185751.jpg

フロント&リアビュー。

ライバルのセイバーと比べると非装甲の部分が多く、いかにも軽量化に苦心した事が
うかがえるデザインですね。

しかし実はそれでもセイバーより14tも重いんですが・・・これはやはり
Eシールド積んだせいかな?







20060916092245.jpg

キャノピーは前方向に開きます。パイロットが1名搭乗。

しかしいまだに納得いかないのがキャノピー前方の処理。板状に張り出しちゃってます。
強度的な問題でこうしたのかもしれませんが、もうちょっと何とかならんもんか。







20060916092306.jpg

Eシールドジェネレーターを展開したところ。

かなりの高出力シールドの様で、並みの対ゾイド兵器ではこのシールドを突破するのは
困難なようです。
TVアニメではシールドを展開したまま敵に突撃攻撃するなんて技も使ってました。







20060916092333.jpg

背中のAMD2連装ビーム砲。高速走行時は格納されています。
上下左右に旋回可能です。







20060916092400.jpg

胴体両脇には展開式ミサイルポッドが装備されています。
やたら径の細いミサイルですが・・・威力あるんかいな?








20060916092423.jpg

尻尾は付け根で上下に可動。尻尾の先には対ゾイド30mm2連装ビーム砲が。
セイバーの物と全く同型なのは一部金型をセイバーと共用しているため。







20060916092454.jpg

格闘専用の牙、レーザーサーベル。シールドライガー最大の武器で
大型ゾイドの装甲も貫く威力があります。

胴体下には対ゾイド3連衝撃砲が。このへんもセイバーと同じパーツが使用されてます。







P9160002.jpg

全装備を展開したところ。







P9160005.jpg

シールドライガーはモーターを内蔵しており、スイッチを入れると
口を開閉しながら前進歩行します。







P9160004.jpg

ではまとめを。

アニメ版ゾイドで主人公バンの最初の愛機としてあまりに有名なシールドライガー、
ファンブック1巻でも主役でしたし、さしずめゾイド界のRX-78ガンダムと
言ったところでしょうか。

いかにも悪役ヅラのセイバー(笑)に比べるとやはりヒーローチックなデザインで
人気はあるようですが私個人的にはセイバータイガーの方が好きです。

私がどっちかと言うと帝国派なのもあるんですが、やっぱりあのキャノピー形状と
ライオンにしては長すぎる牙がいまいちしっくりこないと言うか・・・。

まあでも嫌いと言う訳でもないですね。味のあるデザインだと思うし、
ブレード、ゼロといったライガー系ゾイドの始祖として重要なポジションのゾイドですから、
やはりここはブレードやライバルであるセイバー等と並べて飾るのがベストかと。

あと余談ですが限定で発売されたDCS-J(ダブルキャノンスペシャルジェットの略)は
メチャメチャカッコイイです。ヤフオク等では暴力的な値段がついてますorz
再販激希望。

またコトブキヤから完全新規金型の1/72ディスプレイキットが10月に
発売されるようですね。
なんかすごいディテールが施されてますが・・・。


以上、シールドライガーでした。






プラスチックキット 1/72 ZOIDS シールドライガー


2006/09/21(Thu) | ゾイド・共和国 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--それなら--

ダブルキャノンスペシャルジェットなら、こちらのブックオフで未開封新品(と思われる)が安く売ってましたよ?そちらさえ良ければ代理購入も承りますがどうしましょう?興味が沸いたらメールで連絡を下さい、詳細をお教えします。
by: 帝王ソダン * 2006/09/25 13:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/26-f9573fc9
前のページ ホームに戻る  次のページ