赤き翼、再び: EZ-068シュトルヒ(アーケオプテリクス型)
本日はネオゼネバス帝国軍小型空戦用ゾイド・EZ-068シュトルヒを紹介します。
シュトルヒ01

DATA
全長/13.2m
全高/6.1m
重量/19.2t
最高速度/M2.1

武装
AZ88mmビーム砲x2
SAMバードミサイル

定価780円(税別)



シュトルヒは旧大戦時代にゼネバス帝国が制空権確保用に開発した戦闘機型ゾイドで
当時の共和国軍の主力空戦ゾイド「プテラス」を遥かに上回る空戦能力を持っており、
ゼネバス帝国は高高度戦闘用のレドラーと低空戦闘用のシュトルヒのコンビネーションで
共和国空軍を苦しめました。

ゼネバス帝国の崩壊、そしてその後の大異変以降シュトルヒは長く戦場から
姿を消していましたが、新大戦にて航空戦力の不足に悩まされていた
ネオゼネバス帝国によって再生産が開始され、第一線に復帰しました。

さすがに旧時代の機体だけに共和国軍の新鋭飛行ゾイドであるストームソーダー
レイノスと渡り合うのは無理がありましたが、その軽快さから良好な低空機動能力を持ち
たとえレイノス相手でも低空戦闘に引きずり込めば決して侮れない能力を持っています。

また装備の一部を換装して飛行型ブロックスゾイドの指揮機としても運用されています。






シュトルヒ02
シュトルヒ05

シュトルヒ・フロント&リアビュー。

モデルとなったのは始祖鳥です。ディメトロドンなどと共にネオゼネバス帝国が
復活させた機体の一つ。

小型ゾイドだけに、さすがにストームソーダーあたりと渡り合うのは無理がありそうですが
旧大戦時代は対プテラス用として活躍し、新大戦でも偵察や陸上部隊の支援に
活躍しているようです。

しかしガイロス帝国といいネオゼネバスといい、ライガー系やゴジュラス系といった
陸戦用のゾイドにはすぐ対抗機種を開発するのに、ストームソーダーやレイノスを擁する
共和国空軍相手にこんな旧式機を引っ張り出してくるとは・・・

空軍冷遇されすぎ(苦笑)。







シュトルヒ04

コクピットは頭部にあります。装甲ハッチ式でパイロットが1名搭乗。
クリアパーツが頭部先端のセンサーのみなのはちょっと安っぽいかな。

胸部から突き出しているのはAZ88ミリビーム砲。








シュトルヒ06

尻尾は揚力を生み出すマグネッサーシステムである他に空中機動制御の
スタイビライザーを兼ねています。上下に手動で可動。

主翼の外翼も上下に可動できます。







シュトルヒ03

背中に小さな鳥型の物が載っていますが、これがシュトルヒの必殺兵器である
空対空ミサイル「SAMバードミサイル」です。

かなりの高機動ミサイルらしく高い命中率と威力を誇り、直撃させれば
レイノスといえども撃墜可能です。

バードミサイル後方にはエアブレーキがあり、手動で開閉可能。







シュトルヒ07

シュトルヒは小型ゼンマイが内蔵されており、翼を上下しながら前進歩行します。

ではまとめを。

旧ゾイドシリーズからの復刻ゾイドであるシュトルヒですが、ちょっと野暮ったいデザインで
プテラスあたりと比べると正直今ひとつかな。

どうせ復活させるならシーパンツァーとかマルダー(ゾイドグラフィックスで復活)とかの方が
受けたかもしれませんね。

あと小型ゾイドなのに中型ゾイド並みの780円という価格も疑問。
小型ゾイドの中でもそんなに大きい方じゃないですし。



以上、シュトルヒでした。



2008/01/14(Mon) | ゾイド・帝国 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
コメント
----

いいんちょ@さん、全然オリミクが進展しない漢がやってきましたw

冬場でしたから塗装の乾燥がしっかり出来てなかったのかもしれません。
塗装に関してめっちゃせっかちなもので(苦笑

素体の方、お願いします。
暇な時にで良いのでw

ps、今日、新宿でトップコート買って来ました

by: サクラん * 2008/01/14 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
--最近のゾイド--

こんばんは
再販ものや復刻版って何故か高くなりますよね~
そうそう最近、新発売のゼンマイ付きのゾイドをみますネ。『サイ型』のがかっこ良かったので手にしてみていたら…ちっこいのにやったら高くてビックリしました(苦笑)

ミクロのパートナー役として小型~中型クラスのゾイドを集めているのですが、近所ではなかなか良いのが手に入りません(涙)
妙なこだわりがあるせいだと思うんですが、駆動ギミックはあえて無いものが良いのです。あると…ほら、脚の動きとか拘束されるじゃないですかぁ(笑)
そこでアドバイス頂けたら…
駆動ギミックの無いゾイドってどのようなのがありますか?そしていいんちょ@サン的にはどんなのがお勧めでしょうか?(妙な事聴いてスミマセン)
by: SAT * 2008/01/14 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--サクラん様--

コメントありがとうございます。

>全然オリミクが進展しない

こちらも負けず劣らず進行してません(爆)
マスキングが進まねぇっす。

>素体の方、

了解しました。グレーL確保しときますね。

>トップコート

Mrスーパークリアーですか?それとも水性トップコート?
水性トップコートは昔ヘッド用に使ってましたが
乾燥が遅くて塗膜が弱い上に少々ベタつきが残るので
ホコリやヨゴレが付きやすいのが難点で今は使ってません。
by: いいんちょ@ * 2008/01/14 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
--SAT様--

コメントありがとうございます。

>新発売のゼンマイ付きのゾイド

エヴォドライブシリーズの「ダークホーン」かな?
あれは同シリーズで電動の「レッドホーン」のいわば
組み換え用オプションパーツみたいなものです。
確かにあのシリーズはちっこいクセに高いです。

>駆動ギミックの無いゾイド

動力による駆動はゾイドの真骨頂なんですが(苦笑)
私は非駆動タイプのゾイドはあまり好きではないので
あんまし持っていないんですが、ミクロと絡ませられるサイズの
非駆動タイプのゾイドとなるとブロックスシリーズでしょうか。

SATさんの「ミクロ戦記」にもブロックスゾイド
「レオブレイズ」が出演していましたね。

それから「ネオブロックスシリーズ」と「レジェンドブロックスシリーズ」
というのがあります。

基本的にはブロックスと同じような物なんですが
これらは比較的最近発売された物なので
通販やザラスなどで容易に入手可能でしょう。

これらは結構種類が発売されているので
有名なゾイド紹介サイト「10年後も好きですか?」あたりで
調べてみて好みのタイプを買ってみてはいかがでしょうか。
by: いいんちょ@ * 2008/01/14 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

どうもお久しぶりです、ALEにございます。

空軍冷遇されすぎとのことですが、確かにそうですねー。未だにレドラーが主力だったりしますし。しかし元々ストームソーダーって帝国製ゾイドだったのに、実戦配備されないていないのでしょうか?もしくはコスト云々の事情で実用化が見送られたとか…。案外ガイロス領には飛行型ゾイドの生息数が少ないとか、それらを飼育するのに環境が適していないのかもしれませんね。
by: ALE * 2008/01/29 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
--ALE様--

コメントありがとうございます。

>帝国製ゾイドだったのに、実戦配備されない

陸戦大好きなガイロス帝国軍はジェノザウラーに
うつつを抜かしてる間にストームソーダーのデータを
共和国に根こそぎ持ってかれたらしいですよ(爆)

また当時共和国空軍の主力がレドラーに圧倒的に劣るプテラスだった事、
そしてガイロス領内にはレドラー以上の飛行野性ゾイドが
いなかったことも空軍冷遇の原因らしいです。

ストームソーダーのベースである野性ゾイドは、新大戦の前半の舞台である
西方大陸産らしく、そのストームソーダーが奪い返した制空権をきっかけに
ガイロス軍は西方大陸から撤退に追い込まれてしまうとは
なんとも皮肉ですね。

そこから帝国空軍は冷遇されっぱなしで、ガイロス空軍では
レドラーにスズメの涙ほどのチューンを施したブラックレドラーを投入したり
ネオゼネバスは前大戦の遺物であるシュトルヒを引っ張り出してきたりorz
by: いいんちょ@ * 2008/01/30 18:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

もういいです、なんか泣けてきました…いやマジで。
確かにそれだったら、空軍冷遇して陸戦型ゾイドの増強に軍備を絞るのも納得が行きます。しかし、せめてガイロス帝国産の完全新型空戦ゾイドなんかも見たかった所ですが…無理だろうなぁ。
by: ALE * 2008/01/30 23:16 * URL [ 編集] | page top↑
--ALE様--

コメントありがとうございます。

>ガイロス帝国産の完全新型空戦ゾイド

いいですねぇ、それ。
真っ赤な翼を翻してストームソーダーに立ち向かう
ワイバーン型空戦ゾイドとか見たかったなあ。

あ、でもンなもん開発されちゃってたら
序盤陸戦で負けっぱなしだった共和国軍が
制空権まで取れないとなるとあっという間に戦争に
カタがついちゃいますよねぇ(笑)
by: いいんちょ@ * 2008/01/31 19:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/242-5eab4fac
前のページ ホームに戻る  次のページ