我が翼、いまだ衰えず: RZ-010プテラス(翼竜型)
今回は共和国軍飛行小型ゾイド・RZ-010プテラスを紹介します。
20060908085920.jpg

DATA
全長/10.3m
全高/8.2m
重量/21.6t
最高速度/M2.0

武装
16mmバルカン砲
空対地2連装ミサイルポッドx2
空対空ミサイルx2

定価600円(税別)

プテラスはグライドラーやペガサロスといったいかにも実用性に乏しい
前時代の飛行ゾイドに変わる存在として開発された史上初の本格的な
戦闘機型ゾイドで、主翼のマグネッサーシステム(一種の反重力装置)
によって高い機動性を発揮し、中央大陸戦争中期に共和国を悩ませていた
空海両用ゾイド・シンカーの迎撃に活躍。共和国に制空権をもたらした
名機として名高いゾイドです。

しかしその後現れたゼネバス帝国の空戦ゾイド・レドラーに太刀打ちできず
レイノス配備後は戦闘爆撃機に転換。対地攻撃のスペシャリストとして
帝国軍の陸戦・海戦型ゾイドに恐れられました。

新大戦時には大異変によりレイノスが量産不可能だった為、プテラスは再び
共和国空軍の主力機となっていましたが、やはりレドラーを擁する
ガイロス帝国空軍に苦戦。しかしストームソーダーが実戦配備されると
再度対地攻撃に専念し、旧式化しながらもストームソーダーの援護の元
帝国軍への地上攻撃で大活躍しました。







20060907212632.jpg

フロント&リアビュー。

後発のレドラーやレイノス等に比べると角ばった部分が多くて、いかにも
初期の戦闘機型ゾイドって感じがでていますね。

マグネッサーシステムの翼は手動で展開できます。
上の画像が開いた状態で下は閉じた状態。

開いた状態では小型ゾイドの割にはボリュームがありますね。
プテラスはこの翼によって低空での高い運動性とVTOL(垂直離着陸)を
可能にしています。







20060907212800.jpg

頭部アップ。

新型の共和国共通コクピットが採用されています。

それまでの共通コクピットは緊急時の分離能力しか持っていませんでしたが
この新型コクピットはある程度の自力飛行能力を備えており、分離後は
戦場からの離脱も可能なスグレモノです。

・・・が、なぜかこのコクピットを採用したのはプテラスとステルスバイパーのみでした。

キャノピーはもちろん開閉可能でパイロットが1名搭乗。
口にあたる部分には16mmバルカン砲を内蔵しています。







20060907212821.jpg

胸部アップ。

胸部ウエポンラックには戦闘機時代にはバルカン砲パックが装備されていましたが
新大戦では対地攻撃用の小型ミサイルポッドに変更されています。







20060907212836.jpg

背部アップ。

自衛用の空対空ミサイルを2発装備しています。

しかしこんなものを装備していてもレドラーに敵わなかった所を見ると
ゾイド世界のミサイルはそれほど命中率は高くないのかもしれません。
それとも想像以上に空戦ゾイドの装甲が厚いのかな?







20060907212902.jpg

こちらは追加装備であるボマーユニットを装備した「プテラスボマー」。
本格的な対地攻撃機として運用されました。

アニメ「ゾイド新世紀/0」ではジェミーの愛機でした。







20060907212924.jpg

翼に追加装備された対地レーザー誘導ミサイルランチャー。
先端部(レーザーセンサーでしょうか?)は若干上方向に可動。







20060907212939.jpg

脚にもミサイルランチャーが追加されています。ハッチが開閉可能。







20060908085840.jpg

プテラスは小型ゼンマイを動力源に翼を上下に羽ばたかせながら前進歩行します。
飛び立とうとして一生懸命助走しているように見えないことも無い(笑)。







20060908085936.jpg

さて、まとめを。

プテラスは現代の航空機で言うとA-4スカイホークのような小型攻撃機の
イメージがありますね。それともVTOLできるからハリアーかな?

レドラーがその単能性からのちに苦戦したのとは違って
ある程度の汎用性を備えたプテラスは対地攻撃に転職し、新大戦でも
結構活躍しています。

旧式機であり、野暮ったいスタイルのプテラスですが、
プテラス→レイノス→ストームソーダーと並べると共和国の飛行ゾイドの進化ぶりが
実に良く解かって面白いですよ。ちょっと青の成型色が安っぽい色なのと
シールがモールドの関係で貼る面積が少ないのが難点かな。


以上、「ボクのプテラスぅ~」(ジェミー・談)
でした(笑)。



2006/09/10(Sun) | ゾイド・共和国 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/20-f044960e
前のページ ホームに戻る  次のページ