悪夢の電子魔獣: EZ-060ダークスパイナー(スピノサウルス型)
本日はネオゼネバス帝国軍大型特殊電子戦ゾイドEZ-060ダークスパイナーを紹介します。
20070615000211.jpg

DATA
全長/22.3m
全高/16.6m
重量/118.0t
最高速度/240km

武装
ジャミングブレード
AZ144mmマシンガンx2
2連装キャノンx2
胸部2連装キャノン
エレクトロンファング
ストライクレーザークローx2
ストライククローx2
ストライクスマッシュテイル

定価2500円


へリック共和国とガイロス帝国が暗黒大陸で死闘を演じている間隙をぬって
鉄竜騎兵団を中心とするネオゼネバス帝国軍は中央大陸への上陸に成功。
迎撃に出た共和国軍防衛部隊の前に恐るべき悪魔が立ち塞がりました。
それがこのダークスパイナーだったのです。

ダークスパイナーは元々通常の電子戦用ゾイドとして開発されたようですが
ベースとなったスピノサウルス型野生体がバーサークフューラー等に使用される
ティラノサウルス型野生体に劣らぬパワーや強靭さを持っていたことから方針が変更され
スピノ型ゾイドコアが生み出すエネルギーを強力な電磁波に変えて打ち出す
ジャミングウェーブと言う新兵器を搭載することになりました。

ダークスパイナーのジャミングウェーブはデジタル制御された敵ゾイドの計器を狂わせ
コントロール不能に追い込むだけでなく、ダミーの制御データで敵ゾイドを
思い通りにコントロールして同士討ちさせるという恐るべき兵器で、
パニックに陥った共和国軍はなすすべも無く壊滅。共和国軍はその後
ジャミングウェーブ遮蔽能力を持つゴジュラスギガとジャミングカウンター能力を持つ
ゴルヘックスの完成まで実に3年間もダークスパイナーに敗れ続ける事になるのです。








20070615000232.jpg

フロント&リアビュー。

共和国軍に死神のごとく恐れられた電子戦ゾイド・ダークスパイナー。
同じスピノサウルス型ゾイドであるスピノサパーとは打って変わって凶悪で
攻撃的なシルエットになっています。

サイズはジェノザウラーやバーサークフューラーとほぼ同クラス。
パステルグリーンの派手なカラーリングは少々好みの分かれる所か。







20070615000317.jpg

上半身アップ。
とにかく笑っちゃうくらいの悪人ヅラ。帝国ゾイドはこうでなくっちゃいけません(笑)
帝国ゾイドにしてはキャノピーの露出が大きいのが珍しいですね。

両肩にはAZ144ミリマシンガン。内側がスカスカなのがちょっと目立ちます。
口はモーターと連動して開閉しますが手動でも開閉可能で、表情が付けやすいです。

胸部には2連装キャノン砲を装備。同クラスの肉食恐竜型ゾイドに比べると
やや火力が貧弱ですが、超強力なジャミングウェーブがある上に格闘能力は
ジェノザウラーにも引けを取らない性能です。








20070615000332.jpg

コクピットハッチを開いた所。2重ハッチになっています。








20070615000405.jpg

ダークスパイナーの最大の特徴である背中のジャミングブレード。
歩行と連動して背ビレが左右に波打つように動きます。
赤い部分はクリアパーツ。







20070615000453.jpg

カカトにあるアンカーは手動で可動。歩行時にはフューラーと同じく
歩行用プレートを装着します。

手首と下のツメも手動で可動します。







20070615000507.jpg

脚の付け根のロックを外して前傾させジャミングブレードを前に倒し、
腰アーマーと尻尾のフィンを開いてアンカーを下げるとジャミング形態に。

この状態では背ビレのみがモーター動力で可動します。







20070615000518.jpg

通称状態では口の開閉、手の上下と尻尾を左右に振り、ジャミングブレードを
波打たせながら前進歩行します。








20070615000543.jpg

ではまとめを。

共和国好きな人にはおそらく「一番憎たらしいゾイド」の筆頭に挙げられるであろう
ダークスパイナーですが(苦笑)、デザイン・ギミック共に中々秀逸で
完成度はかなり高いと思います。

ただ難点もいくつかあって、かなり好みが分かれるであろう派手なカラーリングや
アーマーのディティールの密度の薄さ(手に取って見ると結構ノッペリしている)、
そして何よりゾイドにしては細かいパーツが多く、組み立てが想像以上に面倒臭いです。


実を言いますとこのキットはEZナンバーで発売されたダークスパイナーではなく
カニ型ゾイド「キラードーム」とセットで販売されたアニメ「ゾイドフューザーズ」版の
「キラースパイナー」なのですが、キットそのものには違いが全く無い
(シールが全く違うので作例では他のゾイドから流用しています。)ので
ダークスパイナーとして紹介しました。

キラードームとダークスパイナーがユニゾン(合体)した姿がキラースパイナー
なのですが、それはキラードームの記事で紹介します。


以上、ダークスパイナーでした。





2007/06/21(Thu) | ゾイド・帝国 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--特殊な電波で無敵時代を築く電子戦機。--

ジャミングウェーブという唯一無二の個性を持ち、対策していないゾイドに対して無類の強さを誇る悪魔じみたゾイド。格闘能力もジェノザウラー並みと恐ろしく、あらゆる意味で型破りな一機。

従来の機体を全否定したかの様な設定とカラーリングで非難囂々だった記憶があります。

一方で、電波を封じられてからはめっきり見なくなりました。対戦相手が悪かったとはいえ、電波の効かない相手には一方的に駆逐されるイメージがあります。

もう少し自重しても良かったですが、面白い設定と奇抜なデザインが目を引く異端児ですな。
by: * 2015/05/18 16:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/159-100369bc
前のページ ホームに戻る  次のページ