ミクロな乗り物その4: ザムウェセル・スピーダー
本日はミクロマン乗り物流用企画、スターウォーズTOYより
ザムウェセル・スピーダーを紹介します。
20070410195726.jpg

コイツは以前紹介したアナキンスピーダーと同時に購入した物で、

やっぱり税込み315円で投げ売られてたシロモノです。

さて、SW系トイはミクロマンと大抵愛称がいいんですが、こいつはどうでしょうか・・・?







20070410200757.jpg

20070410200806.jpg

フロント&リアビュー。
このスピーダーはスターウォーズ・EP2でアミダラ王女の命を狙う殺し屋、
ザム・ウェセルが使用したスピーダーです。

流線型(と言うか涙滴型)のデザインでいかにもスピードが速そうです。





20070410201410.jpg

サイド&アンダービュー。
アナキンスピーダー同様に前方がすぼまったデザインの為、車体を水平に支える
透明のプレートが前下方にあります。






20070410201444.jpg

リア部分の特徴的なフィンは別パーツで、開封後に自分で取り付けますが
内部にロック機構があって一旦取り付けると外せません。

全長が長くなって、しまったりする時不便なので
私はロックされる部分をカットして脱着可能にしました。






20070410201456.jpg

フロントキャノピー部分が開閉可能です。他にはハッチ等がないのでフィギュアは
ここから搭乗させます。






20070410201507.jpg

操縦桿はサイドスティック方式で前後に可動。
コンソールやペダル、ヘッドレスト等もそれなりに再現されています。
パネル・メーター類はシールで再現。





20070410201532.jpg

ではさっそくミクロマンに乗ってもらいましょう。今回のドライバーは
緑のカラーに合わせてミリフォのフォレストハイド君。






20070410201541.jpg

内部はこの様な感じになります。写真が白飛びして見難いですがご容赦を。

さて、ここからが大問題。

内部スペースは充分で操縦桿、ペダルの位置などはミクロマンにピッタリのサイズなのですが
見ての通りかなり寝そべったスタイルで乗り込む上にコクピットの奥行きが深く、
キャノピーの開口部が見た目以上に狭く感じて

ミクロマンを綺麗なスタイルで搭乗させるのは至難の業ですorz

天井部分も開いてくれれば乗せやすかったんですが・・・。






20070410205105.jpg

アナキンスピーダー同様、2本のナセル部分が軟質樹脂で出来ており、
先端部を押すと上部パネルがスプリングで飛ぶギミックがあります。






20070410205117.jpg

ナセル部分をさらに押し込むと潰れたクラッシュ状態になります。
サイドガラス部分下のボタンを押すと内蔵のスプリングで元に戻ります。





20070410205126.jpg

リアフィンを外した状態。コンパクトになってフィンを外した穴がスラスターノズルに
見える気がするので、我が家ではこのスタイルがデフォです。


ではまとめを。

そのスタイルとクローズドなグラスキャノピーに引かれて購入しましたが
とにかくミクロマンが乗せづらくて・・・orz

他にはリアフィンが一度取り付けると外せなかったり、車体前方が接着されていて
分解も困難と、ちょっとミクロマン用ビークルとしては使いづらいですね。



以上、ザムウェセル・スピーダーでした。



2007/04/14(Sat) | ミクロマン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--こっち持ってます♪--

こんにちは♪チョットお久しぶりです。

こちらのスピーダーは持ってます。しかし、いいんちょ@サンの仰るとおり、乗せるのに一苦労です。
今じゃ面倒になって放置されてますヨ(苦笑)
初めはこのギミックが判らなくて、なんでココ、ビニール製?みたいなw
クリクリやってたらいきなりプレートがビヨーン!
「うぁ!」みたいな…説明書を読まないヤツなんですね…わたし。
by: SAT * 2007/04/17 08:49 * URL [ 編集] | page top↑
--SAT様--

コメントありがとうございます。

>乗せるのに一苦労

見た目ではすごく簡単そうなんですが実際にやると
ホント難しいんですよね。奥まで指が届かない。

>ギミックが判らなくて

説明書読まないと気づきませんよね、アレ(笑)
ちょっと日本人の感覚では理解しづらいギミックです。
by: いいんちょ@ * 2007/04/17 18:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/132-cfbc8206
前のページ ホームに戻る  次のページ