ミクロフォース396: ハヤテとライアン その4
辺境の街、ミクロタウン396を守る小部隊ミクロフォース396。
これはこの地に集う勇敢で愉快な勇者達の物語である。
20070327201854.jpg

隊員たち「155~お・・・156~う・・・」

アラン「ほらほらどうしたぁ?こんなんでへばってちゃあ一人前の
    グランドフォース隊員にゃなれねぇぜ!根性だ!根性!」






20070327201908.jpg

キイイイイィィィン!

アラン「ん?何の音だ?」






20070327201923.jpg

ハヤテ「死ねえぇぇぇぇっっ!!」

アラン「うおわぁっ?!あぶねえっ!」






20070327201940.jpg

アラン「はっ、ハヤテ!いきなり何しやがるっ?!」
ハヤテ「アラン貴様ぁ~っ!ライアンに何を喋ったぁっ?!」
アラン「あ・・・ヤベえ!いやその・・・お前の女関係を話のタネにちょっと・・・」
ハヤテ「やっぱり貴様か!!」







20070327201957.jpg

アラン「あ、でも4マタの話はしたけどよ、実はその内の1人にバレて

    ひっぱたかれてフラれた話とか、

    新しい秘書はお尻がカワイイから選んだとかいう話は

    まだしてねぇから安心しろって。ハッハッハ!」

ハヤテ「うわっ、バカっ!そんな大声で言うヤツがあるかっ!!」






20070327202013.jpg

レスキュー「4マタだってさ、スゲーなぁ」
ラバ「あ、でも『最高8マタだったことがある』ってアラン隊長が前に言ってなかったっけ?」
テクノ「新しい秘書もめちゃめちゃ美人だったよね」
カッパー「いいなあ~。でもお尻で秘書選ぶのって、人としてどうだ?」
クリア「いくら司令官でも職権乱用だよねぇ~」






20070327202032.jpg

ハヤテ「アラン貴様~っ!今日と言う今日は絶対に許さんっ!次元コンバーターで
    異次元空間に放り込んでやるっ!!」
アラン「わ~っ!ハヤテ落ち着けっ!話せば判る!話せばっ!!」


レスキュー「・・・あんな隊長と司令官で大丈夫なのかな、MICRって・・・」
一同「う~~~ん・・・・・・」



ハヤテとライアン:完




2007/04/05(Thu) | ミクロマン・ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

アランを蹴りかかるハヤテがかっこいいですね!
流石、ミクロ兵器戦争を終わらせた英雄!(爆笑)
このような状況の中で、意外と冷静なミリフォ&マテフォ達が可愛いですv
by: 汐 * 2007/04/06 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
--汐様--

コメントありがとうございます。

>ハヤテがかっこいい

ありがとうございます。
ただし司令官にあるまじきセリフを吐いてますが(笑)

>ミリフォ&マテフォ達

彼らはアラン率いるMICR直属のエリート部隊「グランドフォース」の
隊員たちです。
アランは普段から彼らに余計なことをベラベラ喋っているようですw
by: いいんちょ@ * 2007/04/07 18:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/125-f07f39b7
前のページ ホームに戻る  次のページ