大地揺るがす巨竜: RZ-037ウルトラザウルス(ウルトラサウルス型)
本日は共和国軍指揮/支援用超巨大ゾイドRZ-037ウルトラザウルスを紹介します。
20070213170925.jpg

DATA

全長/50.0m
全高/27.5m
重量/507.0t
最高速度/50km(陸上) 47ノット(水上)

武装
360ミリリニアキャノンx4
8連装ミサイルランチャー
AZ6連装ハイマニューバーミサイルポッドx2
AAZ120ミリビームキャノンx2
AAZ100ミリ2連装ビームガンx2
AAZ90ミリ3連装パルスレーザーガンx2
AAZ2連マニューバーミサイルランチャーx2
ハイパーキラーファング

定価5000円


ウルトラザウルスは旧大戦時に共和国軍が開発した部隊指揮用のゾイドで
また惑星Zi初の超巨大ゾイドです。

ゴジュラスやアイアンコングをはるかに超える巨体には高性能の長距離レーダーや
指揮設備を持つばかりでなく、圧倒的パワーと重装甲、そして主砲である
360ミリリニアキャノンを初めとする強力な火器を全身に装備しており
長距離の支援砲撃にも圧倒的な破壊力を示して活躍しました。

水陸両用機でもあり、その巨体ゆえ地上での運動性が鈍く近接格闘戦に弱いという
弱点がありましたが、長距離レーダーの観測から放たれるウルトラザウルスの
遠距離精密射撃をかいくぐって接近するのは極めて困難であり、ゼネバス帝国は
デスザウラー完成までの実に7年間も対抗手段がありませんでした。

「大異変」後は個体数が激減し、わずか1機が大統領専用機として温存されていましたが
西方大陸戦争(新大戦)においてガイロス帝国軍派遣部隊にとどめを刺すべく
最終決戦兵器「1200ミリウルトラキャノン」を搭載して出撃。ガイロス帝国軍最大の拠点
ニクシー基地に壊滅的なダメージを与え、その後は飛行ゾイドを搭載可能な戦闘空母
「ウルトラザウルス・ザ・キャリアー」に改造され暗黒大陸上陸戦で活躍しました。



20070213170939.jpg

共和国軍が総力を挙げて開発した史上初の超巨大ゾイド・ウルトラザウルス。
首を高く上げて尻尾を引きずる古い竜脚類のスタイルをモチーフにしていますが
とにかくカッコイイですね。

アニメ「ゾイド」「新世紀スラッシュゼロ」にも登場。
アニメ版は大きさがキット版と全く異なり、内部に大型ゾイドを何機も収容できる
超巨大な移動要塞として活躍していました。




20070213170952.jpg

頭部アップ。
操縦を担当するメインパイロットが乗り込んでいます。
パイロットシートは分離して脱出装置兼用の小型ビークルに。
口のキバは格闘兵器ハイパーキラーファングですがウルトラザウルスの
兵器としての性格上これを使うことはまずないでしょう。

キャノピーはもちろん開閉可能ですが完全密閉式ではないのがチト残念。
目に当たる部分は歩行スイッチを入れると発光します。




20070213171013.jpg

首の途中にはレーダー手が乗り込むコクピットがあります。




20070213171103.jpg

背中には小型の連絡/偵察用ビークルの格納庫と発進指揮官用コクピット、
ビークル射出用カタパルトと着陸スペースが設けられているというなんとも
ゴージャスな設計です。

格納庫両脇には対空用のAAZ90ミリ3連装パルスレーザーガンを装備。





20070213171125.jpg

ウルトラザウルスの主砲である360ミリリニアキャノン。左右合わせて4門あり、
歩行アクションに合わせて交互に上下可動します。

36センチ砲って言ったら第2次世界大戦の戦艦の主砲並みの口径ですね。
こんなモノ撃たれたら直撃は論外として至近弾でもただならぬダメージを受けそうです。

外側の砲にはガンナー席が、内側の砲にはAAZ120ミリ2連装ビームガンが
同軸に装備されています。





20070213171150.jpg

尾部武装群。
対空用のAAZマニューバーミサイルと後方防御用のAAZ120ミリビームキャノンを装備。
ガンナー用コクピットもあります。





20070213171206.jpg

胴体前部には8連装ミサイルランチャー、その下部はハッチになっており
スライド式の発進台と地上用ビークルが内蔵されています。

前脚両脇にはAZ6連装ハイマニューバーミサイルポッドを装備。





20070213171220.jpg

尻尾の一番太い部分はカバーが外れて中に空間がありますが、これは
旧ゾイド時代のウルトラザウルスでは頭部発光用の電池ボックスが
ココに内蔵されていたなごりのようです。

新ゾイドのウルトラザウルスでは頭部発光用の電源は歩行アクション用の電源と
共通になっています。





20070213171431.jpg

とにかくでかいウルトラザウルス。
上の写真はシ-ルドライガーと並べた図ですがその大きさが解って頂けるでしょうか。
シールドライガーも一応「大型ゾイド」なんですが、ウルトラを触った後だと
やたら小さく感じます(笑)

下は首を前に出した状態ですが、この状態だと全長は65センチ以上(!)にもなります。
高さも首を上げた状態だと約36センチにもなり、飾るためのスペースを
メチャメチャ食ってしまうのが悩みのタネです。





20070213171451.jpg

ウルトラザウルスはモーターを内蔵しており、スイッチを入れると首の上下と
目の発光、リニアキャノンの上下可動、そして尻尾を左右に振りながら前進歩行します。
巨体らしくかなりゆっくりとした歩き方です。

珍しいのが尻尾にはモーターの動力が伝達されておらず、歩行時の機体の
傾きによって尻尾を左右に振るようになっています。
パーツ数を抑えるためでしょうが上手いアイディアですね。


ではまとめを。

メカニカルなデザインと全身にこれでもかとばかりに装備された武装、
そして小型ビークルの内蔵や多数の乗組員などで「移動要塞」的な魅力がある
唯一のゾイドと言えるのがこのウルトラザウルスです。

超巨大ゾイドには他にもマッドサンダーやギル・ベイダー等がありますが
個人的にはウルトラザウルスの魅力には遠く及ばないと思っています。
ホント見ていて飽きません。

そんなウルトラザウルスの最大の難点は魅力でもあるその巨体。
とにかくデカ過ぎて置く場所の確保には苦労されている方も多いのではないかと(笑)

あと全軍を指揮する指令機なので指揮官や参謀がいる指揮所みたいな
スペースが再現されてればもっと良かったかな。

以上、ウルトラザウルスでした。




2007/02/14(Wed) | ゾイド・共和国 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

おひさしぶりです。わたくし実はそこそこゾイド好きです
いいんちょ@ さんには遙か遠くおよびませんがウルトラザウルス大好きです。

残念なことに我が家のウルトラザウルスさんが今日力尽きてしまいました。昭和生まれの初期版が靴屋に飾られていたのを譲ってもらったもので愛着があったのですが…いくつかのパーツは折れたり砕けたりしていても電動箇所は生きていたのですが…どこかが断線したのか、回路そのものがやられたのか。
今後は飾って眺める用として、余生を過ごしてもらいます(涙)


・・・さて、平成版を組み立てるとするかー
失礼いたしました
by: pnd * 2010/11/14 16:00 * URL [ 編集] | page top↑
--pnd様--

コメントありがとうございます。

>今日力尽きて

ゾイドが動かなくなる原因はいくつかありますが、結構多いのは
「しばらく動かしてなかったから」というのがあります。

電動モノはたまに動かさないとギアやモーターのグリスが固着して
故障じゃないのに動かなくなる事がよくありますね。
本体をグリグリ回したりした後にスイッチ入れると
復活する事がありますよ。

旧版もいいですがヒーローっぽい平成版もなかなかいいですよ。
by: いいんちょ@ * 2010/11/14 17:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

>本体をグリグリ回したりした後にスイッチ入れると
復活する事がありますよ。

ガーン 次の休日にやってみます(涙)

>旧版もいいですがヒーローっぽい平成版もなかなかいいですよ。

こんなこと教えてもらったら…並べるしか。
by: pnd * 2010/11/15 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
--pnd様--

コメントありがとうございます。

>やってみます

1度試してみてください。それでも動かない時は
あきらめるしかないかもしれません。

>並べるしか

新旧のウルトラが並ぶのは壮観でしょうね。
なんともうらやましい。
by: いいんちょ@ * 2010/11/16 20:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/105-021d6cbb
前のページ ホームに戻る  次のページ