コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改Ver.2(前編)
轟雷が全面リニューアル。
轟雷改001
どうも、いいんちょ@です。
今回はコトブキヤ「フレームアームズ・ガール 轟雷改Ver.2」のレビュー。

アニメ「フレームアームズ・ガール」終盤にて登場した強化タイプである轟雷改は
アニメ版のキットが特別版ブルーレイの特典で付属していましたが、
今回一般商品として大幅なリニューアルをうけ「Ver.2」として発売されました。

この轟雷改Ver.2、あまりに紹介しなければならない項目が多かったので
「前編」「後編」の2回に分けてお送りします。

「前編」ではノーマル轟雷との比較を含めて
轟雷改Ver.2の基本的な構成を中心に紹介します。






轟雷改002
轟雷改003

こちらが組み立てた轟雷改Ver.2。
塗装無しの素組み状態です。

アニメ版では真っ白な装甲を纏っていましたが、Ver.2では通常の轟雷同様の
オリーブドラブ系カラーになりました。

アニメ版轟雷改が「プロトタイプカラー」だとすればVer.2は
「実戦配備カラー」とでもいった雰囲気ですね。






轟雷改004
轟雷改005

一見した印象ではノーマル轟雷にアーマーの追加や一部パーツの
ちょっとした変更をしたバリエーションモデルに見えますね。
実際ブルーレイ付属の轟雷改はそういうキット構成でした。

しかしこの轟雷改Ver.2では一見ノーマル轟雷の流用に見える部分も
かなりの部分が新規のパーツ(イノセンティアからの流用パーツも含む)で
構成されています。

ノーマル轟雷から流用されたパーツは全体の2割以下なんじゃないでしょうか。






轟雷改006

まずはノーマル轟雷と外見的な変化を比べてみましょう。
プロポーション的な変化はそれほどないですね。





轟雷改007

改になって目立つのが大きく張り出した追加の肩アーマーと
左側に移ったショルダーキャノンでしょうか。

頭部パーツはノーマルから流用されていますがゴーグルと
顔パーツは新規です。

腹部両サイドのグレー部分も別パーツになりました。






轟雷改008

脚は膝アーマーが変更され、脛にアーマーが追加されています。







轟雷改009
轟雷改010

キャタピラは大幅にディテールが追加されてリアル感が増しています。







轟雷改012

轟雷では保持力が弱くて難点の一つだった手首パーツは
マテリア以後採用されている球体軸関節タイプに改められています。






轟雷改016

ショルダーキャノンの裏側です。

キャノンと可動アームを繋ぐ黒いジョイント部分が
左右にスライド出来るようになりました。

これによりキャノンを違和感なく左右どちらにでも取り付けられるになりました。






轟雷改017

胴体から肩まわりにかけての肌色パーツはイノセンティアの流用。

イノセンティアと同じく広い可動範囲と高い保持力の両立で
扱いやすさが増しています。






轟雷改018
轟雷改019

スカートはスティレット同様分割され可動出来るようになりました。

スカートの可動を妨げないようにフンドシ型の前垂れアーマーも分割され
可動するようになっています。






轟雷改020
轟雷改021

これまでのFA:Gはスカート可動タイプでは腰(尻・パンツ)パーツは固定でしたが
轟雷改Ver.2ではここにもマテリアと同様の可動が組み込まれ
前方向へ可動させることが出来ます。

でも見ての通りそれほど大きく動かせるわけではないし、
可動も渋いのでちょっと扱いづらいですね。

股関節はマテリア同様縦方向のスライドが仕込まれています。






轟雷改022

太腿に付くサイドアーマーは一見ノーマル轟雷と同じに見えますが
ボールジョイント部分が縦にスライドできるようになり、スカートへの干渉を
避けられるようになりました。







轟雷改023

膝アーマーは黒い部分を外すと3ミリ穴ジョイントになります。

脛アーマーも外すことでノーマル轟雷では牽引フック型パーツが
3ミリ棒ジョイントになります。

脛の牽引フック型パーツはノーマル轟雷では非可動のダミーでしたが
轟雷改では可動軸があり上下に可動します。






轟雷改024

足先パーツも一見変わりがないように見えますが可動が追加され、
足の甲部分が上方向にせり上げられるようになっています。








轟雷改025

これらの改良で下半身の可動は大きく向上しており
片膝をつくようなポーズも可能になっています。







轟雷改013
轟雷改014
轟雷改015

顔パーツは全て新規で、上から「正面向き」「右向き」「すまし顔」の3種。

ノーマル轟雷では元イラストのイメージからか可愛いながらも
若干機械っぽいクールさもあった感じでしたが、轟雷改Ver.2では
アニメの影響もあったのか若干柔らかい感じの目元になっていますね。

頬のチーク塗装も追加されています。






轟雷改011

水転写デカールが1枚付属しています。







轟雷改026

さて、今回は「前編」と称して主にノーマル轟雷との比較を中心に
轟雷改Ver.2の進化っぷりを解説してみました。

上記したようにノーマル後雷及びブルーレイ付属版轟雷改とは大幅に
変更されており、コトブキヤの気合の入り方が伝わってきますね。

さて、次の「後編」レビューでは武装を含めた多数のオプションや、
目玉の一つとも言えるノーマル轟雷へのコンパチ等、今回
紹介し切れなかった要素をまとめたいと思います。


以上、コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改Ver.2(前編)でした。


2019/02/22(Fri) | フレームアームズ・ガール | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

可動域の広範化やパーツの精細化を考えると、もう古いバージョンは終了しても良いんじゃ無いんですかねぇ。
個人的には無表情っぽいフミカネ顔が好みなんで、選択式にして貰えると有難いのですが。

まぁ、ウチの旧バージョンの10式轟雷がブッ壊れでもしない限り買い直したりはしないですけどね、バーゼラルド系を持って無いんでゼルフィカールには興味があるんですが、高いな… (´ー`)
by: びーばる * 2019/04/14 16:20 * URL [ 編集] | page top↑
--びーばる様--

コメントありがとうございます。

>古いバージョンは終了

後編で紹介しましたがフェイスパーツ以外では旧轟雷を
ほぼ再現できてしまうので、おそらく旧轟雷は
絶版になってしまうかもしれませんね。
旧轟雷のクールなフミカネ顔も確かに捨てがたいので
もったいない気はしますが。

>ゼルフィカール

やっぱり出してきましたねゼルフィカール。
FAGのカラバリ系キットはわりと値崩れしやすいので
ちょっと待ってみるのがいいかもしれません。

しかしバーゼでも自立ギリギリだったのにさらにパーツ追加して
関節耐えられるんだろうかw
by: いいんちょ@ * 2019/04/15 03:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://robertomolga.blog52.fc2.com/tb.php/1001-b64127c5
前のページ ホームに戻る  次のページ